猫飼い主にオススメ情報!トイレと砂、我が家のベストトリオ!

Uncategorized

 我が家にはアイドルがいます。クロネコです。

冒頭の画像はただ可愛かったので使わせて頂きました笑

猫をはじめ、ペットを飼っておられる方は

【トイレ問題】ありませんか?

 

 今回は特に【匂い問題】について

我が家で使っていてオススメの商品をご紹介します。

①トイレ本体

②砂1:シリカサンドクラッシュ

③砂2:脱臭大玉サンド

 上記3つご紹介致します。もしお時間あれば見ていって下さい。

トイレ本体

アイリスオーヤマ 猫用トイレ本体 上から猫トイレ (飛び散らない) オレンジ 1個 (x 1)

 この猫用トイレの特徴は、【猫砂が飛び散りにくい所】です。

 このメリットはかなりデカイ!

私自身、過去実家でも猫を飼ってました。

今の猫は4代目。

都度悩みはありましたが

猫トイレにおける最大の悩みは「砂の飛び散り」

 さっき掃除したのに、2-3歩いたら砂を踏む・・・。

掃除した後に限って、猫がすぐにトイレに入って

カリカリした後の足ブルブルで砂飛び散り。

 普段はモフモフして可愛いし、癒やされるのですが

この時ばかりは「もう!さっき掃除したやん!」とイラつきます。

猫の「ん?何?」っていう顔が印象深い。

飛び散った砂は家のあちこちに行き渡ります。

 このトイレは見て貰えると上から入るタイプ。

出入りの穴付近の溝があるので、猫砂は溝に入るので飛び散りにくい。

猫の足指の間に挟まった砂も

この溝を歩くことで自然と床には落ちにくい作りです。

この溝、見た目以上に活躍します。

 形も猫の行動パターン的に自然と馴染みやすいみたいです。

上下運動、暗がりに身を潜める、そんな動き。

我が家の猫も、申し訳無いですが急にトイレを変えました。

でも、このトイレにはすぐに理解したみたいで

馴染み、すぐに使ってくれました。

各ご家庭の猫ちゃんの性格にもよると思うので

一概には言えませんが、しっかり猫の匂いを付けるなどしてみて下さい。

我が家では交換する際に使用中の砂を3分の1、

新しい砂を3分の2で混ぜて匂いを残した状態で入れ替えました。

 また、別の特徴で上蓋の為、匂いが広がりにくいです。

なんだかんだでトイレなので、糞や尿の匂いはします。

このトイレはモワ~っと来ないんです。これが。

一応、近くに匂いを吸収する消臭剤とか置いてます。

それを含めても匂いを感じにくいと思います。

以前のトイレだと、消臭剤を置いていても

匂ってきたので、この形のおかげで匂いの広がりを

抑えてくれているのだと思います。

 私もトイレの形は色々試しました。

カバーなしはシンプルに匂ってくる。

砂に関して言えば、もう祭りみたいに散らかってました。

カバー付きは横穴から匂いが漂ってくる。

個体差はあるかもしれませんが、このトイレは

それらと比較しても砂は飛び散りにくく

匂いも広がりにくいと感じます。

大きさも一般的な大きさの猫なら問題ないと思います。

 個人的にコレを買うときに気になったのが

「上蓋落ちない?」でした。猫が飛び乗って

グラついたりしたらストレスでしょうし、

そもそも機能しない(__;)少し不安はありましたが

これがかなり頑丈に出来てます。

よっぽどのワガママボディでなければ

ちゃんと猫を支えてくれます。

 もし、砂の飛び散りや匂いを何とかしたい!

という方は一考の余地ありと思います。

砂1:シリカサンドクラッシュ

JOYPET(ジョイペット) 猫砂 シリカサンドクラッシュ 4.6リットル (x 1)

 こちらの砂は「シリカゲル」で作られています。

目に見えない小さな穴が空いていて 

その穴が水分と匂いを急速に吸収してくれます。

固まらないので、尿に至っては毎回回収しなくても良いのでラク。

フンは乾燥するまで放置にはなりますが、

前述したように匂いも吸収するので

匂いゼロにはなりませんが、回収の時間くらいは私の嗅覚は我慢できます笑

 この砂、私が猫とトイレに向き合って一番良かったと思っています!

飼い主として考えがよくないと思いますが

やはり、トイレの手入れは面倒・・・。

糞尿の除去や砂の入れ替え。大事とは思いつつ

戦いは日々続くのです。

 これは基本的にはフン以外は回収しなくてOK。

砂が減ることがほぼ無いので、継ぎ足し不要です。

我が家は1匹で使用で、約1ヶ月はそのまま使い続けてます。

元は砂2で紹介する砂を入れなくても3週間は保っていたので

吸収力と消臭力は高いと思います。

 尿の回収が気になると思いますが、

フンの回収時に全体をザクザクと混ぜるだけです。

流石に放置のみだと、砂自体の吸収力にも限界があるので

たまに混ぜてあげて砂の配置を変更するイメージです。

ほんとにザクザク混ぜるだけです。

その混ぜた際に砂の状況を見るので

この作業は大事です。でも、それだけなので

作業自体はラクと感じてます。

 この砂の最大のデメリットは飛び散りです。

さっきのトイレ本体時に「いや、飛び散りにくい言うたやん」て感じですが

嘘ついたみたいで申し訳無いですが

「飛び散りにくい」のであって

「飛び散らない」訳ではないんです(__;)すいません。

猫の足指のスキマにやはり粒は入るので

トイレで落としきれなかった砂が部屋に。

これらをトータルしても、この砂のお手軽さは

我が家の生活には大活躍してます!

 ただ、メーカーさんの名誉の為にも

我が家では「以前のトイレよりも飛び散りにくくなってます!」

これは本当です☆

 我が家では前述したトイレ本体に一袋入れてます。

入れてみると少し少ない印象はありますが、

次にご紹介する砂で量と「飛び散り」を

最小限にするという事を補完してます。

砂2:脱臭大玉サンド

アイリスオーヤマ システムトイレ用 1週間取り替えいらずネコトイレ 脱臭大玉サンド 4リットル (x 1)

 この砂はビー玉の1周りくらいの小ささです。

思っているよりは大きいかもしれません。

これをシリカサンドと一緒に入れてます。

理由は先ほどお伝えした飛び散りを防ぐのと、

砂全体の量を増やす目的です。

 イメージしにくいかもしれませんが、

小さい砂はトイレの下側に、大玉は上側、

つまり、小さな砂の上に大きな石がある感じです。

 これのお陰で猫は主に大きな砂を歩くので

下の小さな砂が足の指間に挟まるのを防いでいます。

しかも、大玉サンドもシリカゲルで作られているので

小粒のシリカサンドと合わさってより吸収してくれます。

私自身がよほど匂いが気になる感じが出てますね笑

 合計すると8Lにもなるので、見た感じの量も良い感じ。

それのおかげで約1ヶ月保つという事です。

 デメリットはトイレの外に出ると転がる事です。

玉なので、障害がなければコロコロと転がります。

で、たまに程度ですが小さいとは言え石です。踏むと痛い。

足つぼみたいに痛い。

 ですが、これのお陰で砂としての飛び散り量は激減!

最初の頃や、シリカサンドだけよりも全然違うと感じてます!

多少の飛び散り、転がりはもはや愛嬌という感じです。

 猫は分かりませんが笑、私はかなり満足してます!

終わり

 個人的な意見なので、環境も重なると

正直全部の猫やご家庭には合わないかもしれません。

もし、猫を迎え入れる時やトイレ問題を改善したい時は

選択肢の1つにしてみてください。

 トイレ問題は長い戦いです(__;)

猫はそもそも、綺麗好きですので

家猫は飼い主のトイレ掃除が全てを握っています。

という事は、多少人間側がコントロールし易い様にしないと

猫側にはデメリットしかありません。

 折角、迎え入れた家族なので、

お互いが気持ちよく過ごせる様な工夫をしていきたいですね。

全く、感謝されている感じもしませんし、

ご飯の時だけ甘えてきたりしますが、そこが良いところ笑

たまにモフモフさせてもらって末永く一緒に居たいですね。

 ここまで見て下さった方で、トイレに関してアドバイスあれば

教えて貰えると嬉しいです。つぎ、猫話あれば書きます。

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました