初心者の挑戦 輸入物販 #4 商品リサーチ編

Uncategorized

 ご覧頂きありがとうございます。勢いに任せて第4弾!商品リサーチについてです。結局売れないと利益も出ませんし、売る為には売れるものを探さないといけない。ココが時間の掛かる作業になってしまってまして、大変です。でも、ここでリサーチ能力というか作業内容で言うと、働く場所を選ばずに生活が出来ると物販ビジネスで成功している方々言っています。やってみて感じましたが確かにその通りかと思います。輸入物販ブログ第2弾、PC環境デュアルを勧めておきながら、最終的にはPC1台でフラっとその辺で作業がしたい私です。裏切りではなく、多分皆さんも自由な環境を求めていると思います。その過程で作業に慣れないといけないので、デュアルを推した訳です。

 とまぁ、言い訳がましくなってしまいましたが、今回は【商品リサーチ】について私の振り返りと共に皆さんにご案内が出来ればと思っています。

目星をアマゾンで探す

 なんとなく、イメージはされていたか「そこしか無いよね」とお思いだったかもしれません。その通りです。急に街に繰り出して「あ、あのカバンオシャレだから絶対売れる!」とか「自分だったらこれを売るのに」とか感覚値で売る物を仕入れる訳ではありません。それにこの社会情勢で中々出歩くのも少し遠慮と配慮がいるなか、人が多く居るであろうショッピングモールに行くというのも面倒というのが本音。なので、自宅や任意の場所に居ながら商品を探す為にはやはり、人が多く買い物をしているであろう【天下のアマゾン】で商品を探すのです。

 では、どこから探すのか。アマゾンのTOPページは皆さんご覧になったことがあると思います。

 この画面ですね。この画面の左上周辺に「ランキング」というタブがあるのが確認できると思います。

 小さいですが、赤丸を付けてます。そこをクリックすると

 こんな感じでアマゾン内での売れ筋ランキングが見れます。更にこのページの左側

 赤線で囲っている部分にカテゴリーがあるので、そこから自分の「好き」で「興味ある」ジャンルを選んで商品を選択していきます。この「好き」で「興味ある」ジャンルというのが、佐藤大介さんも仰ってましたが大事です。私自身、そこから商品を探していかないと「面白くない」からです。もしかすると佐藤さんはその様なイメージではなかったかもしれませんが、個人的には自分に生活に密着していたり、好きで興味あるジャンルじゃないと探すのだけで苦痛だと感じますし、そもそも、ここまで来るのに既にパワーを使っているのでどうせなら「楽しい瞬間」があってもいいじゃないとも思ったからです。

 いつも個人的な話に付き合ってもらってありがとうございます💦続きを書きます💦

 で、ジャンルを選んだらそこから「ASIN」という商品番号の様な物を探します。まずはジャンルを選びましょう。私は「好き」で「興味ある」のと、自宅でこの商売を初めて見ようと思ったので、更に「小さい」「場所を取らない」という事で【ジュエリー】にしました。とはいえ、やることは変わりません。ジャンルを選んだ画像が↓です。

 こんな感じで売れ筋上位を教えてくれます。その中から任意の商品を選びました。

 私はひとまず、一番右のネックレス、ペンダントを選びました。ここは安易ですが、売れ残ってもいつかは売れるだろうという安易な考えと、見た目が良さそうだからです。売れ残らないように祈るのみですが。で、この商品を選ぶと↓

 こんな感じです。ここまでは見たことあると思いますし、想像も比較的難しく無いと思います。ここから「ASIN」という番号を探します。ページ下部分に大体ありますが、面倒なのでキーボードの「Ctrl + F」という操作で出てきた小さな画面に「ASIN」と入力して見て下さい。

 すると、その少し右に↓の先っぽみたいなマークがあるので、下向きの物をクリックすると

 こんな感じでマークしてくれるので見落としにくくなります。その横にある「B」かた始まる番号をコピーして下さい。画像ですと「B091GGX1T8」です。以上が【目星をアマゾンで探す】までの流れです。次はこれが売れているか否かのジャッジです。

売れているかチェック

 上記で商品の目星を付けましたが、これだけでは情報として不足してます。なぜなら、どれくらい売れているのかという点と、そもそも売れるのかという点がクリアになっていない空です。そこで、ここでは商品が売れているかのチェックを行います。それもネット上である程度完結します。使用するツールは【セラースプライト】。無料なので、迷わず登録しましょう。使ったことないですが有料ツールもある模様です。今のところは無料で事足りそうなので、このビジネスが軌道に乗って有料ツールを使うタイミングがあればご報告としてブログに記載していこうと思います。

卖家精灵
后台首页 - 卖家精灵

 上記URLへアクセスすると

 このページが表示されます。登録は右上のゲストさんから行って下さい。登録を済ませるとページの下部分にある「無料ツール」の中の「販売数予測」から「使って見る」をクリック。誤字ではありません。「使って見る」です😸

 ね、使って「見る」だったでしょう?・・・すいません。余計な話をしました。ここのページに行くと

「ASIN販売数予測」として、入力する画面が出てきます。私は最初、この画面に行った際に「国籍」と「ASIN販売数予測」が選ばれていなかったのでデフォルトでは自分で操作しないといけないかもしれません。とはいえ、クリックで操作できますので、安心して操作して下さい。で、ここに先ほどコピーした 「B091GGX1T8」 を入力し、予測をクリック。すると↓

 こんな感じで販売数と値段の推移が見れます。この画面では約1ヶ月を指標としてますが、グラフの下の方にあるバーを操作すると任意の期間を探れる模様です。

 画面左の青い縦線は値段、緑色の縦線はBSR(ベストセラーランク)、オレンジの縦線は一日の販売数を表しています。そのグラフの上には平均価格と月間の売上、月間の販売数を表示しておりますので、ここで自分の選んだ商品が売れているのかどうかをチェックし、購入を検討、輸入代行会社へ依頼するといった流れです。これが私は時間掛かりました。アマゾンの商品ページには「こちらもオススメ」的なページに飛んだりするので、有難いのですが「あれ、こんな商品もあるのか」とか「これはイケるんじゃないか」とか、ただのショッピングみたいになった時間があったりもしたので💦

 

輸入にあたって注意点

 ただ、気をつけないといけないのが、【輸入出来ない商品】があるというのをしっかりと頭入れておかないといけません。例えば【著作権に関わる商品】とか【そもそも輸入規約に抵触するような商品】とかです。私は「CiLELさん」に無理ですと言われた商品は「マリオの帽子※ハロウィンに向けてイケそう」、「キャンプクッカー※キャンプブームだし」、「モバイルバッテリー※めちゃ売れていたから」などです。これは代行会社さんが止めて下さらなければ危ういところでした。そう言った意味でも初心者は「輸入代行会社さん」を通して仕入れる事をオススメします。その辺の知識は知らないでは済まされそうにありませんので、マジで大事と身をもってしりました。

 私自身、今後もこのビジネスをするにあたって、知り得た情報は可能な限り公表していこうと思ってますので、もし同じ立場で「やってみようかな」と思っている方とは切磋琢磨したいので、今後とも、宜しくお願い足します。

リアルな話

 ここまでで、輸入物販におけるザクっとした流れでした。文脈的に伝わったかどうか不安ですが、理解して頂けると幸いです。ひょっとすると、既にご存じな部分もあったかもしれません。全くの初心者のやった事なので復習みたいなもんです😸

 で、リアルな話と題しておりますが、リアルな話・・・このビジネスには「種銭が要ります」。なにを今更と仰るかもしれませんが、どの輸入ビジネスをされている方でも「まずは元手○○万準備しよう」と伝えて下さる方は極少数です。私もこの作業をしながら流れで仕入れる為のお金を使いましたが、そういった意味では「このビジネスで稼ぐ為には、まず種銭」が最初に伝えたい事です。

 巷には「楽して稼げる」「携帯だけでOK」など耳触りのいい言葉が沢山ありますが、これもある意味「元手として、時間」を提供していると、ここまでの作業をしていて思いました。何が言いたいかと言うと「稼げるまで楽な事なんて無い」と改めて思った。という話です。伝わりますでしょうか💦

それを踏まえて自分なりのまとめ

 決して、説教とかではなく、副業ってどちらかというと「手軽」なイメージがありませんか?私はありました。なので、登録とか商品を探したりとか、そこそこの手間が発生するので器用な方や纏まった時間を確保しないと理解に苦しむなとうのが個人的な感想です。

 でも、それなのに私は自分のワガママを通すが為に、この輸入物販を始めました。まだ利益すら出てません。今仕入れに使った金額は「約8~9万」です。ここからどんどん発注金額を増やし、利益を増やし、自分で稼ぐ能力を上げていきたいと思います。

 良い課程を報告出来る様に頑張っていきますので、応援して頂けると幸いです。

 と言うわけで最後は想いの発信になってしまいましたが、ココまでが今の自分の立ち位置です。もし、同志が居られたら一緒に頑張りましょう!

 それでは、次回のブログでお会いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました